メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ATOUNのパワードウェア、物流作業時に腕の負担が65%減少

ATOUNのパワードウェア、物流作業時に腕の負担が65%減少

鈴与の現場で実証実験し確認、疲労度も6割抑制

パナソニック子会社で物流現場などの作業負荷を軽減する着用型ロボット「パワードウェア」を手掛けるATOUN(アトウン、奈良市)は2月17日、鈴与の物流拠点で実際に装着して効果を検証する実証実験の結果を公表した。

今年1月に発売した、腕と腰の両方を支える「ATOUN MODEL Y+kote」を使ったところ、荷物運搬を伴う作業の際、腕の筋肉の負担が最大65%軽減され、作業スタッフの疲労度も6割程度減ったという。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

パワードウェアを付けた作業スタッフの筋肉に掛かっている負荷を筋電位で測定、パレットから12キログラムの段ボール1箱を持ち上げる際に確認した結果、着用時には最大で腰椎を両側から支える筋肉「腰方形筋」は23%、背中にある「脊柱起立筋」は21%、上肢の「上腕二頭筋」は65%の負担減少がそれぞれ見られた。

また、パレットに積まれた12キログラムの段ボール箱を30分間、1メートル離れた別のパレットに積み替える作業をした後、疲労感VAS検査をしたところ、3人のスタッフの疲労度は平均6割減っていた。

「Y+kote」はパワードウェアに補助パーツを組み合わせて使用。荷物を持ち上げる際、センサーが体の動きを感知し、左右の手に装着したグローブに取り付けてあるワイヤーをモーターで巻き取り、重いものを持った腕を引き上げるのを支える。左右の腕で別々に作動させることができる。

ATOUNは今後も物流現場への「Y+kote」展開を目指していく方針。


昨年10月に東京都内の鈴与物流拠点で公開された実証実験のデモンストレーションの様子


パワードウェアでの筋電評価の様子(ATOUN提供)

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事