LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

運送業界の景況感、先行きは燃料価格高騰響き大幅悪化へ

運送業界の景況感、先行きは燃料価格高騰響き大幅悪化へ

全日本トラック協会の7~9月期調査

 全日本トラック協会は11月12日、今年7~9月期のトラック運送業界景況感調査結果を公表した。景況感を示す判断指数は現状が-14・8で、前回(4~6月期)から0・1ポイント悪化した。

 今後については-24・8となり、現状より10ポイント低下。2016年7~9月期以来の水準まで落ち込んでおり、燃料価格高騰によるコスト増加が経営者の心理に冷や水を浴びせている実情が浮き彫りになった。

 景況感の現状では、「やや好転」が21・3%で前回より約5ポイント増えたものの、「やや悪化」「大幅に悪化」と答えた割合も拡大したため、全体では小幅の悪化となった。

 今後に関しては「やや悪化」が31・5%、「大幅に悪化」が5・4%に達している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事