LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

日本郵船と郵船ロジスティクス、海外現地スタッフ向け集合研修を開催

日本郵船と郵船ロジスティクス、海外現地スタッフ向け集合研修を開催

東京に28人集結し中計達成の道筋など議論、座禅体験も

 日本郵船と郵船ロジスティクスは11月14日、海外の現地法人で働く現地採用スタッフ向けに日本で集合研修「Global NYK/YLK Week 2018」を開いたと発表した。

 日本をはじめ世界各地から28人が参加。今年3月に策定したグループの中期経営計画「Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green」について、実現するために何を進めるべきか道筋を議論した。

 研修は2012年から両社合同で展開しており、今年は10月29日から5日間実施。環境変化が早く激しい中、どのようなリーダーが求められるかなどの点を掘り下げるワークショップを開催したほか、両社社長ら経営幹部にプレゼンテーションを行った。

 最終日には座禅を体験するなど、日本固有の文化に触れる機会を設けた。

(藤原秀行)


集合研修の参加者ら


グループディスカッションの様子(いずれも郵船ロジスティクス提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本郵船カテゴリの最新記事