メルマガの配信元アドレスが変更となりました

デンソーとヤマト運輸、小型モバイル冷凍機を開発

デンソーとヤマト運輸、小型モバイル冷凍機を開発

ドライアイス使わず環境負荷軽減、連続8時間稼働

デンソーとヤマト運輸は2月25日、小型モバイル冷凍機「D-mobico(ディー・モビコ)」を共同で開発したと発表した。

組み合わせて使う断熱箱の部分の積載容量は130リットルを確保しており、冷凍はマイナス20度、冷蔵は5度に設定。稼働時間は連続で約8時間と想定している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

ドライアイスを用いずモバイルバッテリーで駆動し、小型・軽量で持ち運び可能なため、環境負荷を下げながら食品や医薬品などの低温輸送に活用できると見込む。使用用途や荷量に応じて断熱箱の形状や寸法を変更できる仕様となっており、多様な商品配送に応用していけるとみている。

デンソーは製品化した上でデンソーソリューションを通じて今夏に発売する予定。ヤマト運輸は2月から配送車両へ順次導入している。


小型モバイル冷凍機と断熱箱(以下、いずれも両社プレスリリースより引用)


小型モバイル冷凍機の使用イメージ

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事