メルマガの配信元アドレスが変更となりました

菅首相、1都3県の緊急事態宣言「2週間程度の延長必要」と表明

菅首相、1都3県の緊急事態宣言「2週間程度の延長必要」と表明

病床逼迫理由、今週5日にも正式判断へ

菅義偉首相は3月3日夜、首相官邸で記者団に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて首都圏1都3県で発令を続けている緊急事態宣言について、2週間程度延長する意向を表明した。

同宣言は今月7日に期限を迎える。菅首相は「病床が逼迫している状況、厳しい、ぎりぎりの(同宣言解除の妥当性を判断する目安の)指標もある。私としては、国民の皆さんの命と暮らしを守るために、2週間程度の延長が必要ではないか」と語った。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

解除の判断については「(病床使用率が)50パーセント以下になり、ベクトルが下に行くということが大事だと思っている」と述べた。
政府は今月5日にも宣言の延長を正式に判断する見通し。

(藤原秀行)※菅首相の写真はイメージ・首相官邸ホームページより引用

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事