メルマガの配信元アドレスが変更となりました

芝浦機械、三井不動産と連携し神奈川・座間の工場一部敷地で物流施設再開発へ

芝浦機械、三井不動産と連携し神奈川・座間の工場一部敷地で物流施設再開発へ

23年秋ごろの操業開始見込む

芝浦機械(旧東芝機械)は3月18日、三井不動産と連携し、神奈川県座間市の「相模工場」の南側一部敷地を物流施設に再開発すると発表した。

対象エリアは約6万2810平方メートルで、着工は2021年秋ごろ、操業開始は23年秋ごろをそれぞれ予定している。残りのエリアは今後も操業を継続する予定。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

芝浦機械は経営改革の一環として、国内外の生産拠点の見直し・再編を進めている。


物流施設の完成イメージ(芝浦機械プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事