メルマガの配信元アドレスが変更となりました

タカミヤ、制振ブレース材が大型物流施設で初採用

タカミヤ、制振ブレース材が大型物流施設で初採用

野村不動産が埼玉・上尾で開発の物件、軽量化や施工しやすさなど特徴

仮設機材の開発・製造・販売などを手掛けるタカミヤ(大阪市北区)は3月30日、制振性能を備えた座屈拘束ブレース(筋交い)「オクトブレース」が、大型物流施設で初めて採用されたと発表した。

オクトブレースはアルミニウム製の拘束管を使うなどの工夫を凝らし、他社のブレース材より軽量化を実現。接合部に使うボルトの数を減らし、施工しやすいよう配慮している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

これまで工場や病院、多目的アリーナなどへの納入実績があるが、野村不動産が埼玉県上尾市で開発している「(仮称)Landport上尾」に納入を開始した。竣工は2021年11月の予定。

タカミヤは今後、超高層ビルや既存建物の耐震補強などに拡販していきたい考え。


「(仮称)Landport上尾」に取り付けられたオクトブレース(タカミヤプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事