メルマガの配信元アドレスが変更となりました

プロロジスが千葉・八千代で16・1万平方メートルのマルチテナント型物流施設に着工、宅地から用途変換

プロロジスが千葉・八千代で16・1万平方メートルのマルチテナント型物流施設に着工、宅地から用途変換

2棟建設のうちの1棟目、22年9月竣工予定

プロロジスは4月9日、千葉県八千代市で新たなマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク八千代1」の起工式を行ったと発表した。

同エリアで2棟を建設する計画を立てており、その1棟目となる。「八千代1」は地上5階建て、柱RC+梁S造で延べ床面積は16万1000平方メートルで、八千代市内で初めてダブルランプウェーを備えた物流施設になる見込み。竣工は2022年9月の予定。

食品卸、3PL、アパレル、EC事業者など複数企業と商談を進めているという。ワンフロアの賃貸面積は基準階で約2万6000平方メートル、1階で約2万8000平方メートルを想定している。

隣接地では約9万3000平方メートルの「プロロジスパーク八千代2」を開発する予定。

「八千代1」は幹線道路の国道16号から約2キロメートル。大成建設による宅地開発事業地「八千代もえぎ野」で新たに造成された「もえぎ野複合業務地区」に位置しており、宅地から用途を変換した格好。労働力の確保にも強みを持つと見込む。


「プロロジスパーク八千代1」の完成イメージ

新施設の位置(いずれもプロロジスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事