住友倉庫、横浜市の本牧埠頭で延べ床面積2万5394平方メートルの倉庫完成

住友倉庫、横浜市の本牧埠頭で延べ床面積2万5394平方メートルの倉庫完成

定温空調設備導入、「総合物流効率化計画」認定取得

住友倉庫は6月18日、横浜市の本牧埠頭で新たに倉庫が完成、稼働したと発表した。

南本牧第二営業所の「南本牧第2倉庫」として建設した。地上5階建て、延べ床面積は2万5394平方メートル。定温空調設備を導入し、1階には2面のトラック・コンテナ接車バースを取り入れるなど、多様なニーズやオペレーションに対応できるよう設計。物流総合効率化法に基づく「総合物流効率化計画」の認定を政府から受けている。

南本牧埠頭コンテナターミナルに隣接し、横浜中心部や首都圏全域へのアクセスに強みを持つ。同社は輸出入貨物の取り扱いに加え、広域配送センターとしても活用をアピールしたい考え。


新倉庫の外観(住友倉庫プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

住友倉庫カテゴリの最新記事