メルマガの配信元アドレスが変更となりました

TSUNAGUTEの入出荷予約サービス、センター到着後にドライバーの受付立ち寄り不要に

TSUNAGUTEの入出荷予約サービス、センター到着後にドライバーの受付立ち寄り不要に

新機能追加、コロナ禍受け体調記録も可能に

日本パレットレンタル(JPR)グループで伝票電子化などのサービスを手掛けているTSUNAGUTE(ツナグテ)は4月12日、入出荷予約受付サービス「telesa-reserve(テレサリザーブ)」の新機能2種類を追加したと発表した。

ドライバーによる遠隔操作で到着を物流センター側に通知する機能と、ドライバーが拠点へ来場した際の体調を記録できる機能が対象。

従来、ドライバーは物流センター到着後に受付のタブレット端末へ到着した旨を入力する必要があった。新機能を使えばドライバーが駐車場などから直接、到着を知らせることにより、トラックから降りずにバース接車し、作業を開始できるようになった。

また、工場などドライバーの衛生管理が必要となる拠点では、到着時に体調を受付簿に記入することを求められていたが、新たな機能でバース予約の受付と同時に体調も記録できるため、受付簿への記入が不要。

TSUNAGUTEは工場の管理者も会社名や氏名、作業開始・終了時間などに加えてドライバーの体調も同時にシステムで履歴管理できるようになると見込む。


新機能のイメージ(TSUNAGUTE提供)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事