メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ソフトバンクロボティクスなど、米物流ロボット開発のバークシャーと連携

ソフトバンクロボティクスなど、米物流ロボット開発のバークシャーと連携

最先端のEC向けフルフィルメントサービス提供、千葉・市川のセンターで展開

ソフトバンクグループでロボット事業を手掛けるソフトバンクソフトバンクロボティクスと物流事業を担うSBロジスティクスは4月21日、米国で物流拠点向けロボット開発を展開しているバークシャーグレイと、EC向けに最先端技術を活用した3PLのフルフィルメントサービスを提供するため、共同パートナーシップを締結したと発表した。バークシャーグレイにはソフトバンクグループが出資している。

SBロジスティクスが運営している千葉県市川市の「市川DC(ディストリビューションセンター)」で、バークシャーグレイのRPP(Robotic Pick and Pack)システムを活用。小型家電・電子機器から日用雑貨、玩具、健康・美容用品、ポテトチップスのようなパッケージされた常温管理食品など、ECで取り扱う一般商品を含めて物流拠点で何万にも及ぶSKU(最小管理単位)を全自動で扱えるようになると見込む。

ソフトバンクロボティクスは、新システムの導入で圧倒的に多種・多量なSKU群を扱えるほか、丁寧な商品ハンドリングや出荷箱内への正確な商品配置、出荷箱の自動梱包を実現できると説明。「既存の人の手によるピッキングプロセスと梱包プロセスを、AI(人工知能)技術を駆使したロボットによる完全自動化によって飛躍的に進化させることに成功した」と強調している。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事