メルマガの配信元アドレスが変更となりました

丸紅と出版大手3社、AIなど新技術使った出版流通効率化で21年中に新会社設立へ

丸紅と出版大手3社、AIなど新技術使った出版流通効率化で21年中に新会社設立へ

RFIDで効率的な在庫管理、中堅・中小の書籍・雑誌も受託目指す

丸紅と講談社、集英社、小学館の出版大手3社は5月14日、出版物の流通を担う新会社を2021年内に共同で設立すると発表した。

AI(人工知能)を活用した配本の効率化と返本の削減、RFIDタグを使った効率的な在庫管理などを推進。紙の出版物の市場規模は大きな成長が見込めない中、流通業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を促進し、経営基盤の強化を図る。経営が厳しい書店を支援する狙いもある。

新会社の資本金は当初数億円程度とみられ、丸紅が過半、出版社3社が残りをそれぞれ担う方向。3社以外にも、中堅・中小の出版社が手掛ける書籍や雑誌の流通も受託することを目指す。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事