メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通が「羽田京浜島航空貨物センター」のマテハン機器を一新、クロスベルトソーター導入

日通が「羽田京浜島航空貨物センター」のマテハン機器を一新、クロスベルトソーター導入

仕分け処理能力の向上実現

日本通運は5月31日、東京都大田区京浜島に構えている物流拠点「羽田京浜島航空貨物センター」のマテハン機器を一新し、同日稼働を開始したと発表した。

高速・高品質な仕分け作業が実現できる最新のマテハン機器として、クロスベルトソーターを導入し、仕分け処理能力の向上を実現。
仕分け作業時に貨物への衝撃が少なく、かつ貨物の形状による仕分け処理能力差が少ない機器を採用することで安全性・確実性の向上を図る。

従来は自動仕分け機に対して規格外の貨物は手作業で仕分けを行っていたが、新たにスライドソーター方式の自動仕分け機を導入し、仕分け能力の向上を目指す。

合わせて自動仕分け機への投入作業はAIを搭載したロボットアームを利用、トラックから自動仕分け機投入口までの搬送には自動ロールボックス搬送装置を設置し、さらなる作業の効率化・省力化を実現する。

同社は羽田空港内および隣接したエリアに2つの国内航空貨物専用のハブ拠点を構えており、2017年に羽田空港貨物センターのマテハン機器を刷新。

今回は羽田京浜島航空貨物センターの機器をリニューアルしたことで、同空港を発着する航空貨物をよりスピーディーかつ安定的に輸送できる基盤を整備できたと説明している。

今後ますますハブ空港としての役割が大きくなる羽田空港において、国際輸送と国内輸送のよりスムーズな連結を可能にし、国内航空貨物に加え、輸出入貨物にもよりスピーディーな対応を実現、国内外を最短で結ぶ高品質な輸送サービスを提供していきたい考えだ。


クロスベルトソーターを導入した自動仕分け機

自動仕分け機 スライドソーター

ロボットアーム

自動ロールボックス搬送装置

※以下、プレスリリースより引用

自動仕分け機 新旧比較

 
仕分け方式 クロスベルトソーター スチールベルトソーター
仕分け能力(自動仕分) 12,000個/時 6,000個/時
仕分可能サイズ 最大 700×600×800
長物 400×1400×400
最大 700×600×800
長物 400×1200×400
投入口 5ライン 1ライン

規格外貨物自動仕分け機 新旧比較

 
仕分方式 スライドソーター 手仕分け
仕分能力(自動仕分) 4,000個/時 3,000個/時
仕分可能サイズ 最大 800×900×800
長物 300×300×1500
仕分可能重量 50kg/個

ロボットアーム スペック 自動仕分け機への投入業務の自動化

 
投入能力 600個/h
最大荷重 12,000個/時
投入可能サイズ 600×600×500
貨物認識方法
  • テクスチャ投影ステレオビジョン方式による貨物認識
    ロボットへ事前のティーチングを行わずに、様々な貨物の認識が可能
  • ディープラーニング(AI)による貨物認識学習
    ディープラーニングにより貨物形状を学習させ、広範囲な貨物に対応可能
安全装置 ライトカーテン・レーザースキャナによる人侵入検知センサー・自動停止機能

自動ロールボックス搬送装 トラックから自動仕分け機投入口までの搬送自動化

 
搬送能力 1,440台/h
安全装置 人侵入検知センサー・自動停止機能

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事