メルマガの配信元アドレスが変更となりました

物流連次期会長に商船三井・池田会長が就任へ

物流連次期会長に商船三井・池田会長が就任へ

6月29日付、環境対策拡充や海外展開支援などに決意表明

日本物流団体連合会(物流連)は6月1日、次期会長に商船三井の池田潤一郎会長が就任する人事を発表した。渡邉健二会長(日本通運会長)は退任する。

同29日に開く定時総会を経て正式に就く予定。任期は2年。池田氏は6月25日付で日本船主協会会長となることも内定している。

池田氏は6月1日に発表したコメントで「これまでの物流連の活動を引き継ぎ、物流事業の根幹を成す安全重視への意識を持って、コロナ禍に伴う社会や物流を取り巻く環境変化を踏まえつつ、諸問題に取り組んでいきたい」と決意を表明。物流連会長として、社会インフラとしての物流機能強化や環境対策拡充、海外展開支援などに率先して取り組む考えを示した。

渡邉氏も同日発表したコメントで「コロナで社会全体が物流の重要性を再認識した今こそ、官民で業界を超えた連携を構築、進めるチャンスであり、池田新体制に託したい」とエールを送った。


池田次期会長(物流連提供)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事