メルマガの配信元アドレスが変更となりました

東京流通センター、東京・平和島で物流施設の再開発第2弾に着手

東京流通センター、東京・平和島で物流施設の再開発第2弾に着手

17・3万平方メートルの「A棟」建て替え、23年夏完成目指す

東京流通センター(TRC)は6月1日、東京都大田区平和島で運営している物流施設やオフィスビル、展示場を備えた「東京流通センター」(総延べ床面積約38・9万平方メートル)の敷地内再開発の第2弾に着手したと発表した。

1971年完成の物流施設「物流ビルA棟」(約17・3万平方メートル)を5月末で閉館、同日解体工事をスタートさせた。建て替える新しい物流ビルA棟は今年12月に着工、2023年夏の完成を目指す。

再開発第1弾は敷地内の「物流ビルB棟」で実施。新築した物流ビルB棟(約17・1万平方メートル)は17年6月にマルチテナント型の都市型物流施設として完成し、満床稼働している。


解体する物流ビルA棟(TRCプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事