LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ヤマトの「流山主管支店」新ターミナルが11月稼働へ

ヤマトの「流山主管支店」新ターミナルが11月稼働へ

千葉や茨城、埼玉を担当、関東と東北・北海道結ぶ中継・集約拠点に

 ヤマト運輸は10月3日、栃木や群馬、埼玉などを担当している北関東支社傘下の流山主管支店(千葉県流山市)内に、新たな物流ターミナル「流山ベース」を開設したと発表した。

 稼働は今年11月20日の予定。常磐道の流山ICに近いなど、立地の良さを生かし、関東と東北・北海道を結ぶ中継・集約拠点として機能させる。

 流山ベースは大和ハウス工業が開発した物流施設「DPL流山」の1階に位置し、フロア面積が3万2507平方メートル。仕分け担当エリアとして

▽千葉県の我孫子市や柏市、流山市など

▽茨城県の古河市や常総市、つくばみらい市、取手市など

▽埼玉県の草加市、三郷市など

―をカバーする。

(藤原秀行)

流山ベースが新たに入る「DPL流山」(ヤマト運輸提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ヤマトホールディングスカテゴリの最新記事