メルマガの配信元アドレスが変更となりました

遠隔操作・AIロボットのTelexistence、モノフルなどから22億円の資金調達完了

遠隔操作・AIロボットのTelexistence、モノフルなどから22億円の資金調達完了

創業以来で総額45億円に、製品開発チーム拡大などに充当へ

遠隔操作・AIロボットの開発を手掛けるスタートアップ企業のTelexistence(テレイグジスタンス、東京都中央区晴海、TX)は6月16日、モノフルのグループ会社など国内外の複数投資家を引き受け先として、約22億円の資金調達を完了したと発表した。

既に出資しているモノフル、Airbus Ventures、KDDI Open Innovation Fund、DEEPCORE、東大IPCのほか、新たに複数の新規投資家が参加。今回のシリーズA資金調達ラウンドの完了により、2017年の創業以来の資金調達総額は約45億円に達した。

TXは調達した資金を製品開発チームの拡大や、小売店舗・物流分野で広がりつつある顧客層への製品開発・導入の加速に充てる計画。

併せて、モノフルとTXは物流施設業務向けの拡張労働基盤(Augmented Workforce Platform=AWP)の開発と商用運用や社会実装をさらに進めるため、パートナーシップを強化した。AWPを利用することで、倉庫内に設置されたロボットをインターネット経由で操作、在宅のままパレタイズやデパレタイズなどの作業に参加できるという。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事