メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通、中国・上海の現地法人がコロナウイルス対応型消毒サービスを提供

日通、中国・上海の現地法人がコロナウイルス対応型消毒サービスを提供

CFSで実施、証明書発行も

日本通運は6月16日、中国の現地法人「上海通運国際物流有限公司」が、上海へ到着する輸入海上混載貨物へのコロナウイルス対応型消毒サービスを5月18日に開始したと発表した。

世界各国で新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、貨物にウイルスの付着が確認される事例が報告されており、安全・安心な状態で貨物を受け取るため、配達前貨物に対する消毒サービスのニーズが高まっていることに対応した。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

対象は日本発(東京・名古屋・大阪・神戸・博多・門司)をはじめ、香港・フィリピン・タイ発など各国からの同社仕立て輸入海上混載貨物。上海通運のCFSで希望する顧客の貨物外装へ噴霧器を使用して消毒しており、希望する顧客には消毒証明書の発行も対応している。

当該CFSでの精算はWeChatやAlipayによるキャッシュレスサービスの利用が可能。消毒サービスと合わせ、人と人の接触を極力排した”ウィズコロナ対応型CFS”を提供する。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事