メルマガの配信元アドレスが変更となりました

丸紅、日本郵船など設立の船員向け電子通貨プラットフォームサービス事業に参画

丸紅、日本郵船など設立の船員向け電子通貨プラットフォームサービス事業に参画

船上で給与受け取り可能に

丸紅と日本郵船は6月21日、日本郵船とTransnational Diversified Group(TDG)が共同で設立した「MarCoPay」に丸紅が出資、船員向け電子通貨プラットフォームサービス事業に参画することに合意したと発表した。

現在、外航船員への給与は主に現金で支給されているため、世界を行き交う外航船上には約800億円相当の現金が滞留していると推定されており、現金の取り扱いに際しては船への輸送費や給与を受け取った船員が家族へ海外送金する手数料など、様々な手間と費用が発生している。

また、船員は一度乗船すると船上といった特殊な職場環境での生活が長期間に及ぶため、健康管理面のサポートや船陸間をつなぐ快適なオンラインサービスへの高い需要がある。

さらに、船員の一大供給国のフィリピンでは船員が自国の平均水準を大きく上回る給与所得を得ながらも、乗船ごとの期間契約となる船員特有の雇用形態から、収入に見合った与信条件での融資枠取得や船員の労働・生活環境に適した保険商品への加入が難しいケースがある。

MarCoPayはスマートフォンのアプリで電子通貨による給与受け取り、送金、現金化、融資申請、保険や投資商品などを購入できる電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」を運営している。同プラットフォームの導入で乗船期間中の給与支給を一部電子通貨で行い、現金管理費用を圧縮し、出納業務に要する労力や時間の軽減、現金盗難・紛失のリスクを低減。また、電子通貨の特性を生かし、船員は乗船期間中も自国への送金が可能。融資面においては、フィリピン人船員を対象とした融資サービスを開始している。

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事