メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本ベネックス、茨城・つくばみらいの伊藤忠物流施設で“屋根借り”太陽光発電所設置

日本ベネックス、茨城・つくばみらいの伊藤忠物流施設で“屋根借り”太陽光発電所設置

9件目、300世帯相当分の発電量見込む

精密板金加工などを手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市)は6月21日、伊藤忠商事が茨城県つくばみらい市で開発した物流施設「アイミッションズパーク守谷」の屋根を賃借した太陽光発電所「ベネックス守谷ソーラーポート」の運転を開始したと発表した。

関連記事:日本ベネックス、物流施設「MJロジパーク厚木1」で“屋根借り”太陽光発電所設置

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

日本ベネックスとして9件目となる“屋根借り”太陽光発電所で、屋上屋根に2160枚の太陽電池モジュールを設置、このたび稼働した。年間予想発電量は一般家庭約300世帯分に相当する約89万キロワット時を見込んでいる。

「ベネックス守谷ソーラーポート」の稼働で日本ベネックスの保有する自社発電所は25件(約22・6メガワット)に達した。このうち、屋根借り太陽光発電所は9件(約13・9メガワット)に上る。

ベネックス守谷ソーラーポート概要

発電所名 ベネックス守谷ソーラーポート
事業主 株式会社日本ベネックス
所在地 茨城県つくばみらい市
出力 820.8kW (DC)
FIT単価 11.5円/kWh
年間予想発電量 約890,000kWh(一般家庭約300世帯分)
パネルメーカー ライセン
PCSメーカー サングロウ
運転開始日 2021年6月19日

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事