メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本ベネックス、物流施設「MJロジパーク厚木1」で“屋根借り”太陽光発電所設置

日本ベネックス、物流施設「MJロジパーク厚木1」で“屋根借り”太陽光発電所設置

神奈川で初、135万キロワット時を計画

精密板金加工などを手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市)は5月20日、神奈川県厚木市の物流施設「MJロジパーク厚木1」の屋根を賃借した太陽光発電所「ベネックス厚木ソーラーポート」の運転を開始したと発表した。

「MJロジパーク厚木1」は小田急小田原線の本厚木駅から約2キロメートルに位置。建設は2013年で、地上3階建て、延べ床面積2万7836平方メートル。Jリートの三菱地所物流リート投資法人がポートフォリオに組み入れている。

「ベネックス厚木ソーラーポート」は日本ベネックスとして8件目となる “屋根借り” 太陽光発電所。MJロジパーク厚木1の屋上屋根に3549枚の太陽電池モジュールを設置、このたび稼働した。年間予想発電量は、一般家庭約450世帯分に相当する約135万キロワット時を見込んでいる。

ベネックス厚木ソーラーポート概要

発電所名 ベネックス厚木ソーラーポート
事業主 株式会社日本ベネックス
所在地 神奈川県厚木市金田
出力 1,224.4kW (DC)
FIT単価 13.45円/kWh
年間予想発電量 約1,350,000kWh(一般家庭約450世帯分)
パネルメーカー JAソーラー
PCSメーカー 明電舎
運転開始日 2021年5月19日

「ベネックス厚木ソーラーポート」の稼働により、日本ベネックスの保有する自社発電所は24件(約21・8メガワット)となった。このうち、屋根借り太陽光発電所は8件(約13・1メガワット)となる。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事