メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三井不動産、千葉・船橋で3棟目の大型物流施設が竣工★速報

三井不動産、千葉・船橋で3棟目の大型物流施設が竣工★速報

地上8階建て・27万平方メートル、大規模緑地も備え“街づくり型”開発完了

三井不動産は6月30日、千葉県船橋市で新たな物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)船橋Ⅲ」が竣工したと発表した。

地上8階建て、延べ床面積は約27万平方メートル。各階の倉庫・トラックバース面積は約2万7000平方メートルと業界最大級の施設規模を備えている。事務所の天井高は全フロア約3・6メートルを採用。庫内は全館空調を実装し、働きやすい環境の整備に努めている。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

既に賃貸面積の8割程度が確定しており、佐川急便やジュピターショップチャンネル、富士フイルム、エクスプライスの入居が固まっているという。佐川急便はデリバリーセンターを設置する方向。

併せて、約2万平方メートルの広大な緑地空間「MFLP船橋・&PARK」も7月1日に完成する予定。同エリアでは今回竣工したものを含めて大型物流施設を3棟建設しており、周辺住民にも開かれた空間とする街づくり型物流施設「MFLP船橋」が完成する。


「MFLP船橋Ⅲ」の外観(三井不動産提供)

「MFLP船橋Ⅲ」は、トラックバースは国際基準の45フィートコンテナ車両にも全フロア対応可能とするほか、免震構造や72時間対応の非常用発電機など、BCP(事業継続計画)対策に注力。車番認証システムを採用したトラックゲート、フラッパーゲートや顔認証システムによる入退館管理など、オフィスビルと同等のセキュリティ計画も完備している。

共用部には、周辺の街並みを一望できる屋外テラスやラウンジを導入。ラウンジには貸会議室を用意する。「MFLP 船橋・&PARK」の一部区画には入居テナント専用のプライベートガーデンを設置し、バーベキューやゴルフといったイベント開催が可能な共用部を確保している。

全てのエレベーターを非接触型とし、ボタンを直接押さずに済むようにしているほか、トイレの混雑状況を館内で表示し密集を避けられるようサポートするなど、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対策も施している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

さらに、屋上には自家使用の太陽光発電設備(設備容量約1000キロワット、年間発電量約100万キロワット時)の設置などで共用部使用電力の100%グリーン化を図る。専用部は入居テナント各社のグリーン化計画に対応し、「グリーン電力提供サービス」で顧客のニーズに応じた柔軟なメニューを提供。庫内の全階で人感センサー・調光機能付きの LED 照明を採用し、大幅な省エネを実現する。

現地で同日記者会見した三井不動産の三木孝行専務執行役員ロジスティクス本部長は、5000人の雇用を生み出せると効果を強調し「三井不動産だからこそできる街づくりの開発だ。時がたつほど魅力を増す“経年優化”を実現していきたい」と語った。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事