メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日新、横浜港本牧埠頭で「重量物梱包センター」竣工

日新、横浜港本牧埠頭で「重量物梱包センター」竣工

従来以上に大型重量貨物の輸出梱包・荷役作業が可能に

日新は6月30日、横浜市で新たな物流拠点「横浜重量物梱包センター」が竣工したと発表した。

新センターは横浜港本牧埠頭A突堤に位置し、横浜港内のコンテナターミナルに至近の立地。首都高速道路湾岸線や国道357号線などを経由して首都圏全域への交通アクセスに強みを持つ。

設備面では定格荷重80トンまで作業対応可能な天井クレーンを導入し、以前より大型重量貨物の輸出梱包・荷役作業が可能となるほか、奥行き25メートルx全幅96メートルの大ひさしを使い、雨天時でも荷役作業が可能となる全天候型の作業スペースを実現した。

また、直結する公共岸壁を活用することにより、敷地前面での艀・在来貨物船の荷役作業が可能となるなど、従来の施設に比べて大幅に作業能力が向上している。

同社は新センターを「京浜地区における輸出事業の中核拠点」として位置付けている。

※以下、プレスリリースより引用

名称 : 横浜重量物梱包センター
所在地 : 神奈川県横浜市中区本牧埠頭8-114
建物構造 : 鉄骨造・平屋
敷地面積 : 14,974.21平方メートル
延べ床面積 : 10.085平方メートル
主な設備 : 天井クレーン(40t(20t+20t)x2基、20tx1基、10tx1基)
開業 : 2021年7月1日



(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事