LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

エコ配、働く時間帯を柔軟に選択可能な「フレックス制度」来年2月導入へ

エコ配、働く時間帯を柔軟に選択可能な「フレックス制度」来年2月導入へ

短時間勤務を3パターン準備、人手確保へ新制度

 アスクル傘下で自転車を用いた独自の宅配サービスを展開しているエコ配(東京)は12月3日、配達スタッフが都合の良い時間帯に合わせて柔軟に働ける制度「ecohai Flex」(エコ配フレックス)を2019年2月1日から導入すると発表した。

 配達スタッフは「午前9時~正午」「午後3時~5時」「午後5時~7時」の3つの時間帯の中から自由に選択できる。同社が荷物の配達個数に応じて報酬を支払う。

 空いた時間に働ける環境を整備し、報酬は出来高とすることで配達の担い手を確保しやすくするのが狙い。当初は配達エリアの対象を東京都中央区に設定し、順次拡大していく予定。

 仕事への応募もスマートフォンから専用サイトを通じて可能。採用された後は、同じくスマホから配達の日付や時間帯を選んで同社に連絡する。

(藤原秀行)※イメージ写真はエコ配提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事