メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ESR、神奈川・茅ヶ崎で6・9万平方メートルのマルチテナント型物流施設が完成

ESR、神奈川・茅ヶ崎で6・9万平方メートルのマルチテナント型物流施設が完成

最大6テナント分割、25年に圏央道・横浜環状南線開通で交通アクセスさらに改善

ESRは7月6日、神奈川県茅ヶ崎市で新たなマルチテナント型物流施設「ESR茅ヶ崎ディストリビューションセンター(DC)」が6月末に完成したと発表した。

地上4階建て、S造の耐震構造で延べ床面積は6万9315平方メートル。総投資額は約160億円。竣工ベースでESR開発案件としては24件目、神奈川県内では3件目となる。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


「ESR茅ヶ崎DC」の外観(以下、いずれもESR提供)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の寒川南ICから約1キロメートル。首都圏全域や東海・関西地方への配送にも適した立地で、2025年には圏央道・横浜環状南線(戸塚IC~栄JCT~釜利谷JCT)の開通で横浜横須賀道路、並木ICで首都高速道路湾岸線に直接するため、一段の交通アクセス向上が見込まれる。

耐震構造で最小賃貸区画は約2700坪(約8900平方メートル)と設定、最大6テナントに分割できる。1~2階、3~4階のメゾネット仕様を採用し、1階から3階までスロープで直接アクセスすることが可能。1階は両面設計で38台、3階は片面設計で24台のトラックバースをそれぞれ用意している。




スロープで1階から3階へ直接アクセス可能

ドックレベラーは各区画1基の計6基、各区画に荷物用エレベーター2基、垂直搬送機を準備している。

4階には従業員向けの休憩ラウンジを備えるなど、働きやすい環境整備にも努めている。環境配慮として、全館LED照明の採用、ヒートポンプ式空調、全熱交換機、節水器具などを積極的に採用している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


トラックバース


庫内


事務所


休憩室


1階エレベーターホールの壁画


エントランス

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


6月2日に視察で訪れた佐藤光茅ヶ崎市長(右)とESRのスチュアート・ギブソン代表取締役

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事