メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本フルハーフ、IoTでトレーラーの現在位置把握可能な新サービス提供開始

日本フルハーフ、IoTでトレーラーの現在位置把握可能な新サービス提供開始

稼働率もチェック、荷主などとデータ連携も視野

日本フルハーフは7月26日、IoTを活用した物流業務効率化支援サービス「FRUEHAUF CONNECT(フルハーフコネクト)」の提供を同日開始したと発表した。

第1弾として、トレーラーの位置情報をリアルタイムで把握可能な管理システムを販売する。トレーラーは従来、GPSセンサーや通信機器用の安定した電源を確保するのが難しかった。走行時に充電できる小型バッテリーを開発、富士通フロンテック製の低消費電力型GPS端末を採用して組み合わせ、トレーラー単体の状態でも駐車時の位置を取得できるようにしている。

走行履歴と参照し合うことで稼働率をつかめるほか、スマートフォン用専用アプリで位置情報を随時チェックできる。港湾や物流ターミナルなど多くの車両が停留している場所でも迅速に目的のトレーラーを見つけ出せるようになると見込む。

今後はトレーラーの状態やトラック荷台の稼働情報の取得など、付加価値を提供できるサービスの開発に努める。荷主企業や運送事業者、倉庫事業者とデータ連携することも視野に入れている。


位置情報管理の概要(日本フルハーフプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事