メルマガの配信元アドレスが変更となりました

メルシャン、国際海上コンテナ輸送の需給逼迫で主力低価格ワインの販売一時休止へ

メルシャン、国際海上コンテナ輸送の需給逼迫で主力低価格ワインの販売一時休止へ

コロナ禍響き、原料輸入滞る

ワイン大手のメルシャンは9月1日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う国際海上コンテナ輸送の需給逼迫で米国から原料ワインの輸入が滞っているため、低価格ブランドの主力ワイン「フランジア」10種類の販売を9月上旬から順次、一時休止すると発表した。

フランジアは米国から輸入したワインを日本の工場で瓶やペットボトル、紙の箱に詰め、販売している。北米港湾がコロナの影響を大きく受け、混乱が続いているため、販売の一時休止を余儀なくされた。

10種類の商品は在庫がなくなり次第、販売を取りやめる予定で、再開の時期は未定という。国際的な海上物流の混乱が日常生活にも影を落としている格好だ。


フランジアの主力商品(メルシャン提供)

(藤原秀行)

対象商品の詳細はコチラから(メルシャンホームページ)

経営/業界動向カテゴリの最新記事