メルマガの配信元アドレスが変更となりました

フェデックスエクスプレス、日本の代表に久保田、区の両氏が就任

フェデックスエクスプレス、日本の代表に久保田、区の両氏が就任

マネージングディレクター、共同で従業員2000人を統括

フェデックスエクスプレスは10月1日、日本の代表としてマネージングディレクターの久保田圭氏と区 国華氏の2人が就任したと発表した。

両氏は共同で約2000人の従業員を統率。オペレーション業務は久保田氏がグラウンドオペレーション部門を、区氏がゲートウェイオペレーション部門をそれぞれ統括する。

前代表の松本義則氏は役職定年となり退任。今後はアドバイザーとして通関分野の専門知識と経験を生かし、フェデックスの顧客と従業員をサポートしていく予定。

久保田氏は2018年、プランニング&エンジニアリング部マネージャーとしてフェデックスに入社。エンジニアチームを統括し、オペレーション効率やサービス品質の向上に向けた主要なプロジェクトを統率した経験を持つ。フェデックス入社前には製造業、エネルギー産業、航空業界のグローバル企業で13年以上勤務した。

区氏は1997年、香港のフェデックスにIT部門の担当者として入り、その後はプランニング&エンジニアリング部のエンジニアとして職務を担った。07年にオペレーション部門のマネージャー、12年には北太平洋地区、プランニング&エンジニアリング部のマネージングディレクターを歴任。17年からは航空ネットワークオペレーションズ部のマネージングディレクターとして勤務、今回の就任に際し来日した。


久保田氏(左)と区氏(フェデックスエクスプレス提供)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事