メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ZMP、無人けん引車「CarriRo Tractor」に可搬重量5トンタイプ追加を発表

ZMP、無人けん引車「CarriRo Tractor」に可搬重量5トンタイプ追加を発表

搬送効率向上のニーズに対応、22年に出荷開始へ

ZMPは10月14日、無人けん引車「CarriRo Tractor」(キャリロトラクター)に関し、新たに最大可搬重量が5トンのタイプ「CarriRo Tractor 5T」を発売すると発表した。

CarriRo Tractorは2020年、工場建屋間の物資や倉庫内のパレットを搬送する2・5トンタイプの販売を開始。搬送効率向上のため、より高い可搬重量を求められるケースもあるのに対応、5トンタイプを開発した。


CarriRo Tractor 5T で荷物を牽引している様子

新タイプはZMPの無人フォークリフト「CarriRo Fork」(キャリロフォーク)と同じく、 Linde Material Handling 製の機体を使用。自動運転の仕組みも同じく「レーザー誘導方式」を採用しているため、路面への誘導ガイドの設置が不要で、容易にルート設置や変更が可能なのが特徴。

CarriRo Tractor と無人フォークリフトとの連携でパレット搬送の完全無人化を実現できる。

2022年に出荷を開始する計画で、詳細な時期や価格などは今年12月に公開する予定。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)
CarriRo Tractor 5T (5トン)の主な仕様

本体寸法 幅1,000mm×高さ2,300mm×奥行1,700mm
タイプ 牽引タイプ
誘導方式 レーザー誘導方式
運転方式 自動/手動切替可能
車両重量 940㎏
可搬重量 5000kg
速度 自動時:最大3.6km/h 手動時:最大8km/h
走行可能傾斜角度 満載時:3度、空載時:最大13 度

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事