メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通、運賃からリードタイム、CO2排出量まで瞬時に比較・検討できるサービス開始

日通、運賃からリードタイム、CO2排出量まで瞬時に比較・検討できるサービス開始

第三者機関の認証獲得、公的な手続きに利用可能

日本通運は10月14日、国内の最適輸送モードを一括検索できる「ワンストップ・ナビ」のサービスを同日開始したと発表した。

同サービスはPCやスマートフォン、タブレット端末から発着地・個数・重量を入力するだけで、いつでも、どこでも利用可能な輸送モードを瞬時に比較・検討できるのが特徴。

同社は総合物流事業者の強みを生かして運賃やリードタイム、さらにはCO2排出量など様々な視点で自社のネットワーク輸送網を駆使し、利用者に最適な輸送モードを提案する。

特にCO2排出量は輸送ごとに異なる集配距離を地図データと連携して距離を計算し、正確な2排出量を算出。物流業界で初めて第三者機関(SGSジャパン)による検証を受けており、算出されたCO2排出量のデータは行政などへの公的な手続きに利用可能。

今後導入が想定されるカーボンプライシングなどに備えるため、CO2削減の「見える化」のニーズに応える。

日通は併せて、ワンストップ・ナビを顧客・案件ごとにカスタマイズしたツール「エコトランス・ナビ」を準備中。輸送実績データを基に、現行の輸送とエコ輸送のCO2排出量を比較し、コスト削減とCO2削減を組み合わせた営業提案を推進する。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事