メルマガの配信元アドレスが変更となりました

高知・四万十町とA.L.I.、防災や物流想定したドローン運航管理システムの実証実験へ

高知・四万十町とA.L.I.、防災や物流想定したドローン運航管理システムの実証実験へ

「レベル4」解禁にらみ、安全・安定な飛行実現目指す

高知県四万十町は10月15日、ドローンを活用したソリューションなどを手掛けるスタートアップ企業のA.L.I. Technologiesと連携し、ドローンの運航管理システムに関する実証実験を同町内で10月27、28日の両日に行うと発表した。

両者は今年5月から防災・物流・測量・調査の4つの領域でドローン活用に取り組んでいる。今回の実証実験はA.L.I.のドローン運航管理システム「C.O.S.M.O.S.(コスモス)」を使用。10月27日に防災、同28日に物流での活用をそれぞれ想定、実験に臨む。

10月27日は救援物資を標高約200メートルの高台から沿岸部へ、同28日は逆に生活用品を山間部の集落へそれぞれ届ける予定。

政府が2022年度に人口密集地上空でドローンの目視外自律飛行が可能な「レベル4」を解禁する準備を進めるなど、今後もドローンを防災や物流に使う場面がさらに広がると判断。四万十町とA.L.I.はコスモスと国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで開発された複数のドローンを取り扱う運航管理統合機能を連携させ、より安全かつ安定させてドローンを飛ばせる環境の実現を目指す。

(藤原秀行)※イメージ写真は四万十町提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事