メルマガの配信元アドレスが変更となりました

OKI、上空から周囲360度俯瞰した映像で遠隔監視可能システムを発売

OKI、上空から周囲360度俯瞰した映像で遠隔監視可能システムを発売

車両や船舶、ロボットなどに活用見込む

沖電気工業(OKI)は10月14日、車両や船舶、ロボットなどの周囲360度を遠隔から監視できるリアルタイムリモートモニタリングシステム「フライングビュー」を同日発売したと発表した。

前後左右に取り付けた4台のカメラ映像から生成した俯瞰合成映像とAIを用いた映像監視を活用し、「人の目とAIの目によって見逃さない」高度遠隔運用サービスを提供する。Wireless LAN版を2021年12月に、LTE版を22年3月にそれぞれ出荷開始し、25年までに累計20億円の売り上げを目指す。

映像処理能力の高いFPGAと小型カメラを組み合わせ、高画質かつ鮮明な俯瞰合成映像をリアルタイムに表示できるようにした。録画機能を備え、自由視点で再生できるため、事故やトラブル発生時の周囲状況を再現して確認することも可能。

さらに、装置本体にはOKIのAIエッジコンピューター「AE2100」を継承したAIエッジプラットフォームを採用。検知対象や運用環境に合わせた映像AIエンジンによって、俯瞰合成映像を常時監視できる。人間の目では捉えきれない場面を「AIの目」が抽出して通知し、事故やトラブルの予兆を素早く検知・是正するなど、オペレーターによる遠隔監視・サポート業務をより高度化・効率化することも見込んでいる。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事