メルマガの配信元アドレスが変更となりました

人手のデータ活用しAIが東名高速の渋滞予測、WEB公開スタート

人手のデータ活用しAIが東名高速の渋滞予測、WEB公開スタート

NEXCO中日本とドコモが連携

中日本高速道路(NEXCO中日本)東京支社とNTTドコモは10月15日、東名高速道路の御殿場JCT(上り)~東京ICで、AIを活用した交通渋滞の予測に関する実証実験を同日開始したと発表した。

予測した結果は、同日からNEXCO中日本の特設WEBサイト「東名の渋滞予測 TODAY」で提供している。

「東名の渋滞予測 TODAY」はドコモが開発した「AI渋滞予知」を用いて、当日午前中の神奈川県、静岡県、山梨県周辺の人出に基づき、当該区間の当日午後2時~翌日午前0時の所要時間を予測、結果を公表している。

AI渋滞予知は携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成する「モバイル空間統計」のリアルタイム版と、NEXCO中日本が保有する過去の渋滞実績や規制情報を踏まえ、予測モデルを構築。

実際に各地の人出に関するデータを使っているため、昨今の新型コロナウイルス感染症に伴う外出の自粛による人出の変化や、天候などによる影響を考慮した予測が可能。

NEXCO中日本管内でAI渋滞予知を活用した渋滞予測を行うのは初めて。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事