NTTデータ、AI活用した近未来渋滞予測の実証実験

NTTデータ、AI活用した近未来渋滞予測の実証実験

エムティーアイ提供無料アプリで30分後と1時間後を表示

NTTデータは8月8日、AI(人工知能)を活用した渋滞予測技術の実証実験を同日始めると発表した。

アプリ開発を手掛けるエムティーアイが展開しているアンドロイドのスマートフォン向け「乗換MAPナビ」で、高速走路の30分後と1時間後の詳細な渋滞予測を無料で提供。5分間隔でデータを刷新する。

NTTデータはユーザーの評価や予測の精度などを見極めた上で、2020年度をめどに対象を一般道路まで広げたい考え。

予測は道路交通情報通信システム(VICS)による最新の道路状況を踏まえて実施する。無料提供は今年12月末までの予定。同社は渋滞予測以外にも、天気や商業施設の混雑状況などの分野にAI分析を広げることを目指している。


「乗換MAPナビ」での渋滞予測のイメージ。左から現在、30分後、1時間後(NTTデータプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事