画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

SGHDグループとシャープ系などが「顔認証勤怠システム」を共同開発、物流センターに導入

SGHDグループとシャープ系などが「顔認証勤怠システム」を共同開発、物流センターに導入

勤怠管理で打刻に要する時間を約半分に短縮

SGホールディングス(HD)は8月23日、傘下で情報システム開発などを手掛けるSGシステムとシャープグループで企業向けソリューション事業を担うシャープマーケティングジャパン、顔認証システムなどを扱うデータスコープの3社が、同じくSGHDグループで人材派遣などを展開しているSGフィルダーの協力を得て、「顔認証勤怠システム」を共同で開発したと発表した。

佐川急便などの物流センター214カ所に計310台の顔認証端末を導入、計約2万人のスタッフを対象に、8月上旬に本稼働を開始した。

顔認証勤怠システムは顔認証検温システムと勤怠管理システムを融合。企業が利用中の勤怠基幹システムと連携し、勤怠および検温データ管理業務の効率化に貢献できる仕組み。

高速かつ高精度な顔認証と検温機能を搭載。最大5万人分の登録データからすばやく個人を特定し、検温データとともにプライベートクラウド上の勤怠基幹システムに記録できる。さらに、複数拠点の情報を一元管理することも可能。新開発の顔認証エンジンにより、顔がよく似た双子を高い精度で識別できるほか、同一人物の二重登録を抑制する「なりすまし防止」機能も搭載。さらに、ディスプレイ横に「出勤」「退勤」など、5つの専用ボタンを装備し、利用者は直感的な操作で簡単に打刻できるよう配慮している。


利用シーン(東京都江東区の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」、SGHD提供)

新システムはSGHDグループのIT統括会社SGシステムが、SGフィルダーにおけるスタッフの勤怠管理状況や課題を綿密に調査、ヒアリングし、シャープマーケティングジャパンおよびデータスコープと連携して開発にこぎ着けた。

これまでSGフィルダーでは、静脈認証方式による勤怠打刻を実施しており、新規スタッフ入職時に行う生体登録にかかる手間や出退勤のラッシュ時の混雑が課題となっていた。新システム導入後は、1人当たりの生体情報登録に要する時間を約10分の1、打刻にかかる時間を約半分に短縮することに成功。これまで紙で管理していた検温データも顔認証勤怠システム上で確認できるようになり、事業場における勤怠管理業務の大幅な効率化に貢献しているという。
 
(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事