メルマガの配信元アドレスが変更となりました

カインズ、25年までに店舗や倉庫などのCO2排出実質ゼロの新目標

カインズ、25年までに店舗や倉庫などのCO2排出実質ゼロの新目標

太陽光発電パネルの設置や再生可能エネルギー由来電力の外部調達を推進

カインズは10月25日、先般策定した積極的に地域貢献していく「くみまち」構想の具体策第1弾として、2050年までのカーボンゼロ実現にむけた目標を策定したと発表した。


「くみまち」構想

中間目標として、25年までに自社店舗・オフィス・倉庫などの建屋を対象とした「スコープ2」(他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出)のCO2排出量実質ゼロ達成を目指す。カインズは現時点ではホームセンター業界の中でグローバルトップ水準、小売業界でも国内トップ水準の目標になると説明している。

目標達成に向け、自社店舗への太陽光発電パネル設置を引き続き進めるとともに、再生可能エネルギーで生み出した電力の調達にも注力する。併せて、EV(電気自動車)の充電設備も順次導入していく予定。


自家消費型太陽光発電設備を設置したカインズ朝霞店

最終目標として、50年までにスコープ2と併せて「スコープ1」(事業者自らによる温室効果ガスの直接排出)と「スコープ3」(スコープ1、スコープ2以外の間接排出分)を含めたカインズのサプライチェーン全体のCO2排出量実質ゼロを達成するとともに、カインズが存在する「まち」のCO2排出量実質ゼロ達成にも貢献していくことを打ち出している。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事