メルマガの配信元アドレスが変更となりました

OKIと名古屋大、楽天モバイルが自律移動ロボット使った映像配信などのサービスを共同開発へ

OKIと名古屋大、楽天モバイルが自律移動ロボット使った映像配信などのサービスを共同開発へ

「Beyond5G」やAI活用、遠隔地でも高精細な動画で確認可能に

沖電気工業(OKI)と名古屋大学、楽天モバイルは11月8日、自律移動ロボットを使った映像配信などのサービス開発に関する研究開発を共同で開始したと発表した。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が公募した「Beyond 5G研究開発促進事業」の一般課題の研究開発項目「協調型自律ネットワークの研究開発」として実施する。期間は2025年3月末までの約3年半の予定。

5Gの次となる超高速通信規格「Beyond5G」やAIを活用し、ネットワーク自体が複数のロボットの運行管理など複雑なオペレーションを単独でこなせる環境の実現を目指す。将来は自律移動ロボットが自動で撮影した高精細の動画を送信、受け手側が遠隔地から確認できるようにすることなどを視野に入れている。


研究開発する技術のイメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事