メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アマゾン、オートロックマンションで置き配利用可能にするサービスの展開地域を拡大

アマゾン、オートロックマンションで置き配利用可能にするサービスの展開地域を拡大

10都府県・800棟以上で導入

アマゾンジャパンは11月11日、オートロック付きマンションでアマゾンの商品をスムーズに置き配で届けられるサービス「Key for Business(キー・フォー・ビジネス)」の日本における展開地域を拡大したと発表した。

同サービスは3月に日本で導入を開始。マンションのオーナーや管理会社の承認をあらかじめ受けている場合、アマゾンから委託された配送業者や配送ドライバーが、専用の配送アプリからマンションのオートロックを解除できる仕組みで、利用者が不在でも玄関などへの置き配が可能になる。

当初、大東建託パートナーズや綜合警備保障(ALSOK)をはじめとする認定パートナーと協力して、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県および福岡県の200棟のマンションへ導入。

その後、Apaman Propertyや東急不動産ホールディングスグループなどの管理物件にもサービスを拡大し、現在では10都府県、800棟以上のマンションで「Key for Business」を利用できるようになった。対象地域は、北海道、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県。

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ・ナライン・シング氏は「お客様が日常生活の中でさらなる利便性を求める中、時間を節約でき、在宅状況を気にしなくて済むこの革新的なサービスを、皆様にお届けできることを嬉しく思います。また、今回のサービス展開地域の拡大は、お客様のオンライン注文体験をより良いものにするために、常に革新を続けるというアマゾンのコミットメントを表したものだと考えています」とコメント。

東急不動産首都圏住宅事業本部の森翔氏は「入居者様の満足度向上に向けて、当グループが展開する賃貸住宅ブランド『コンフォリア』シリーズの一部に『Key for Business』を導入いたしました。安心・安全な配送サービスとして居住者様の利便性を高め、非接触型の配送ニーズにも対応しています。『Key for Business』導入により再配達の頻度が減り、CO2排出量の削減にもつながるため、今後も導入物件を増やしていきたいと考えております」と語った。

(画像はアマゾンジャパン提供)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事