メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アマゾン、オートロックマンションでも置き配利用可能なシステムを導入

アマゾン、オートロックマンションでも置き配利用可能なシステムを導入

エントランスドアに専用装置取り付け、アプリで解錠可能

アマゾンジャパンは2月25日、宅配荷物の受け取り手が玄関先など配達先を指定できる「置き配」サービスをオートロックマンションでも利用できるようにするシステム「Key for Business」を導入すると発表した。

アマゾンは30都道府県で置き配を実施しているが、オートロックマンションでは受け取り手が不在の場合、宅配ボックスの数が少なくて荷物を入れられなかったり、ロビーのオートロックを解錠できず配送スタッフが建物内に入れなかったりしていた。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同システムは米国などで先行導入している。事前の承諾を得たオートロックマンションのエントランスドアに専用装置を取り付け、配送スタッフが専用の配送アプリから鍵を開けられる仕組み。セキュリティーに配慮し、配達が完了すれば同じ日であっても解錠できなくなるようにしている。

同システムを使えるのはアマゾンの拠点から荷物を届ける個人事業主や委託先企業の配達スタッフに限定する。

当初は国内で118万戸の賃貸建物を管理している大東建託パートナーズや98万件以上のセキュリティー確保を請け負う綜合警備保障などと協力し、200棟へ導入。他の企業にも参加を働き掛けていく構え。

ヤマト運輸も2月24日、オートロックマンションを対象に、置き配に対応する実用実験を始めると発表している。


新システム利用のイメージ(アマゾンジャパン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事