メルマガの配信元アドレスが変更となりました

プロドローン、災害時想定し市街地で初のドローンによる線路点検の実証実験

プロドローン、災害時想定し市街地で初のドローンによる線路点検の実証実験

初動確認の迅速化を期待

プロドローンは11月19日、愛知県、名古屋鉄道、KDDI、中日本航空とともに名古屋市で災害時を想定したドローンによる線路点検を、名鉄築港線で同17日に実施したと発表した。

市街地の線路点検をドローンで行うのは初めて。実験では名鉄築港線の大江駅から東名古屋港駅間の線路(約1・3キロメートル)を10分程度で往復。点検は災害時を想定してドローンを2回飛行させ、1度目は離陸から着陸まで全て自動航行で飛行。2度目は最初の飛行で見つけた障害物までを自動航行した後、手動に切り替え係員の指示に従って障害物の点検を行った。

これまで、災害発生後は試運転車両や係員による目視で線路の状態を点検していたが、こうした初動確認作業にドローンを活用できるようになれば、より迅速に対応できるようになると見込まれている。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事