メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ニチレイロジ、業務RPA化で年間27万時間削減

ニチレイロジ、業務RPA化で年間27万時間削減

21年度目標を前倒しで達成、物流センター従業員の年間総労働9%に相当

ニチレイロジグループ本社は11月19日、年間27万時間の業務をRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で自動化したと発表した。

同社は昨今の人手不足に対応し、持続可能な定温物流を構築するため、グループを挙げて抜本的な業務革新運動を推進しており、RPAの積極活用もその柱の1つに据えている。年間27万時間削減は2021年度の目標に掲げており、前倒しで達成した。

27万時間は物流センターに勤務する従業員の年間総労働時間の約9%に相当するという。

同社はRPA化推進について「IT部門ではなく全国の物流センターをはじめとする事業所の従業員がシナリオの作成を行い、自ら業務を変革していく点が特徴」と説明。研修の具体的内容も独自のものを開発するなど工夫を凝らしている。

時間外労働の削減に加え、顧客の協力も得て業務フローの再構築に成功したり、従業員がRPAの知見を活用した業務効率化のプロフェッショナルとして活躍の場を広げたりしたケースも出ている。


リソースシフトイメージ


事務作業におけるRPA化時間の推移


RPA研修プラットフォームおよび女性社員合宿イメージ(いずれもニチレイロジグループ本社ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事