画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

全国13地域で52機のドローンが同時飛行、運航管理の実証実験に成功

全国13地域で52機のドローンが同時飛行、運航管理の実証実験に成功

NEDOなど、「レベル4」解禁見据え

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、KDDI、パーソルプロセス&テクノロジーは11月24日、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業」の一環として、国内最大規模の全国13地域で計52機のドローンを同時に飛行させ、運航管理する実証実験を10月27日に実施、成功したと発表した。

今回の実証は政府が2022年度に解禁する準備を進めている「有人地帯における補助者なし目視外飛行」(レベル4)を見据え、複数のドローンを制御、安全に飛行させる運航管理システムを開発したのに伴い、有効性を検証した。

運航管理室をKDDIの東京都港区虎ノ門のオフィス内に設置し、運航管理システムが機能・オペレーションの両面から全国で運用可能なことと、複数のドローンが飛び交う上空で衝突回避などの運航管理業務を行えることをそれぞれ確認。各地域の抱えるさまざまなニーズとドローンの活用方法についても検証した。

3者は今回得られた成果を基に運航管理システムの社会実装や持続可能なビジネスモデルの確立に向けたガイドラインの作成を、22年1月に向け進める予定。ドローン関係業界の発展や普及の課題解決に向けたルール作りを推進し、レベル4環境下でドローンが安全に飛び交う社会の実現を目指す。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事