メルマガの配信元アドレスが変更となりました

オリックス不動産、埼玉・鶴ヶ島エリアで6・3万平方メートルの物流施設開発

オリックス不動産、埼玉・鶴ヶ島エリアで6・3万平方メートルの物流施設開発

23年2月末竣工見込む、最上階にラウンジやテラス整備へ

オリックス不動産は11月26日、埼玉県毛呂山町で新たなマルチテナント型物流施設「鶴ヶ島Ⅱロジスティクスセンター」を開発すると発表した。

地上4階建て、延べ床面積は6万2702平方メートルを計画。2023年2月末の竣工を見込む。最大4テナントが入所可能な設計とする予定。約3200~5800坪までのプランの選択が可能。

関越自動車道の坂戸西スマートICから約5・3キロメートル、鶴ヶ島ICから約5・.5キロメートル、圏央道の圏央鶴ヶ島ICから約7・0キロメートルに位置。首都圏の広域配送に強みを持つ。

1階と3階をつなぐスロープを設け、1~2階、3~4 階をそれぞれメゾネットで使えるようにする。1階は両面バース、3階は片面バースを設置し、効率的な荷物の積み降ろしを実現。最上階には最大230人が利用可能なラウンジやテラス、共用の会議室を導入、各テナントの従業員が快適に働ける職場環境の整備を後押しする。太陽光発電設備の稼働を予定している。

オリックスグループは東名阪の3エリアを中心に、これまで43物件の物流施設の投資開発を重ねてきた。


新施設の完成イメージ


所在地(いずれもオリックス不動産提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事