画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

TRC、東京・平和島で20万㎡の物流ビル新棟工事に着手

TRC、東京・平和島で20万㎡の物流ビル新棟工事に着手

再開発第2弾、23年8月末の竣工見込む

東京流通センター(TRC)は12月1日、東京都大田区平和島で運営・管理している物流施設やオフィスビル、展示場を備えた「東京流通センター」(総延べ床面積約38・9万平方メートル)の敷地内再開発の第2弾の工事を同日始めたと発表した。


物流ビル新 A棟/外観パース

1971年完成の物流施設「物流ビルA棟」(約17・3万平方メートル)を取り壊した上で、地上6階建て、免震構造のマルチテナント型物流施設(約20・5万平方メートル)を開発する。竣工は2023年8月末を見込む。

東京流通センターは、東京都心・羽田空港に近接、首都高速道路羽田線の「平和島」出入口まで約1キロメートル、湾岸線の「大井南」出入口まで約3キロメートル、東京モノレールの流通センター駅徒歩1分と地の利があり、労働力確保の面でも強みを持つ。

敷地内施設の再開発第1弾としてマルチテナント型の物流ビルB棟(約17・3万平方メートル)が17年6月に完成。満床で稼働している。

建て替える物流ビル新A棟は「流通の変化を支える、都市型価値創造拠点」をコンセプトに設定。従来以上に柔軟な面積帯(最小約145 坪~)・スペック(豊富な電源容量、給排水・給排気対応)で利用できるようにする。

(画像はTRC提供)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事