画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

産業用協働ロボット、カメラと画像処理ソフトで製品検査など自動化可能に

産業用協働ロボット、カメラと画像処理ソフトで製品検査など自動化可能に

オムロンがキヤノンの技術活用、周辺機器に追加

オムロンは12月21日、人と一緒に作業する産業用協働ロボット「TMシリーズ」と組み合わせて使う周辺機器「Plug&Play(プラグ&プレイ)」のラインアップに、キヤノン製の画像処理ソフトウエア「Vision Edition-T(ビジョンエディションT)」を2022年1月上旬から追加すると発表した。

ロボットと併用する高解像度のネットワークカメラで撮影した画像をソフトが解析することで、従来は人手に頼ってきた製品の検査などの工程を自動化するのが狙い。自動車や食品などの工場へ利用を積極的に働き掛ける。

両社の技術連携により、検査工程のほか、加工機への部品供給や取り出しといった工程も自動化を実現できる。協働ロボットはカメラの画像を基に、作業台との位置ずれを自動補正し、作業を短時間で始めることが可能。


左上のネットワークカメラで撮影、自動で検査している様子(オムロン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事