画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

東京海上日動、運送事業者向け「置き配」保険の販売開始

東京海上日動、運送事業者向け「置き配」保険の販売開始

盗難や水濡れ、破損などの事故時に1個当たりの限度額まで補償

東京海上日動火災保険は12月24日、運送事業者向けに「置き配」時のリスクをカバーする新たな損害保険の販売を開始すると発表した。盗難などの不安が依然根強い現状を踏まえ、多様なリスクに応える保険を提供して宅配の再配達抑制への貢献を目指す。

既存の運送保険「ロジスティクスミニ保険」の内容を修正。配送先が荷物を受け取るまでの盗難、水濡れ、破損といった事故が発生した場合、運送事業者ごとに事前設定した荷物1個当たりの限度額まで実費を補償する。紛失は対象外。

トラブルが起きたのが配送中と置き配中のいずれか判然としない場合でも補償する。置き配した場所についても、玄関前やポスト、自転車の前かご、物置など様々なケースに対応する。

保険契約時に1年間の置き配見込み個数に基づき、東京海上日動が暫定保険料を受け取った上で、期末に置き配個数を確定、精算する。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事