画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ENEOS、和歌山製油所の精製・製造・物流機能を23年10月めどに停止へ

ENEOS、和歌山製油所の精製・製造・物流機能を23年10月めどに停止へ

自動車離れや人口減少で石油製品の需要減、老朽化も影響

ENEOSホールディングス(HD)は1月25日、傘下のENEOSが2023年10月をめどに、和歌山製油所(和歌山県有田市)の精製・製造・物流機能を停止すると発表した。

自動車離れやEV(電気自動車)化の加速、人口減少といった国内石油製品の構造的な需要減退とアジアを中心とした国際競争の激化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が急激に落ち込んでいることも考慮、製油所・製造所の体制を見直すことにした。

和歌山製油所は1941年に操業を開始し、原油処理能力は日量12万7500バレル。老朽化が進み事故が続発していることも機能停止の一因とみられる。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事