画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

いすゞ、国内商用車メーカー初の運行管理スマートフォンアプリ開発

いすゞ、国内商用車メーカー初の運行管理スマートフォンアプリ開発

3月1日から全国で運用、業務効率化可能に

いすゞ自動車は1月27日、商用車に搭載した端末を通じて走行履歴などの情報を収集、分析するコネクテッド技術を活用し、国内商用車メーカー初の運行管理スマートフォンアプリ「MIMAMORIドライバー向けアプリ」を、3月1日に全国で運用開始すると発表した。


「MIMAMORI ドライバー向けアプリ」アイコン

「MIMAMORI ドライバー向けアプリ」は、商用車テレマティクス「MIMAMORI」と連携したスマートフォンアプリ。新しいサービスとして、運行前の日常点検と荷役作業の機能を追加しており、アプリを利用することで確認作業の効率化が可能。

日常点検機能は、2019年に発表した日常(運行前)点検アプリ「PRE START CHECK」のトライアルを通じて改良を重ねており、これまで2人で実施していた点検作業を1人で行えるため、省人化と作業時間の短縮につながる。さらに、スマホで点検データの記録管理を可能にしている。

また、従来の「MIMAMORI」が備えていた労務管理、位置情報の機能も引き続き使えるようにしている。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事