画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ZOZOが23年8月に茨城・つくばで稼働予定の新拠点で自動機器を積極導入、3割省人化目指す

ZOZOが23年8月に茨城・つくばで稼働予定の新拠点で自動機器を積極導入、3割省人化目指す

豊田自動織機系の高速仕分けシステムを国内初導入

ZOZOは1月28日、2023年8月に稼働開始予定の新たな物流拠点「ZOZOBASEつくば3」(茨城県つくば市)で業務自動化を進めると発表した。既存の同社拠点と比べて約30%の省人化を目指す。

「つくば3」は今後の商品取扱高の伸びを想定して開設する5拠点目で、プロロジスが23年1月の竣工を目指して開発中の物流施設「プロロジスパークつくば3」に入居する。地上5階建て、延べ床面積は約13万7000平方メートル(賃借エリア)で、商品保管数などの設備能力はZOZOとして最大規模を見込む。


「ZOZOBASEつくば3」が入るプロロジスの物流施設完成イメージ(プロロジス提供)

つくば3の使用電力は2022年1月から導入している「ZOZOBASE習志野1」(千葉県習志野市)、「ZOZOBASEつくば1」(茨城県つくば市)と同じく、再生可能エネルギー由来のものを100%導入する予定。

ZOZOが運営するファッションECサイト「ZOZOTOWN」などの商品はアイテムごとに形状が異なり、かつ小ロットで多品種という特性があるため、従来は作業自動化が難しいとみられていた。しかし、「つくば3」は労働人口減少などを受け、現在は人の手で実施している出荷時の商品仕分け業務などに、国内初となる最新機器などを積極的に採用する。

一例として、豊田自動織機傘下のオランダ・Vanderlande(ファンダランデ)製の吊り下げ式高速仕分けシステム「Pocket Sorter(ポケットソーター)」を国内で初めて採用する予定。レールに吊り下げたポケットに商品を投入すると、出荷順に商品を仕分けできるシステムで、天井空間を利用するため、床面を他の作業に有効活用できることなどが特徴だ。

ZOZOは多数のアパレルアイテムを扱うため、多くのポケットを使える同システムを取り入れることでより多くの注文に対応することが可能と見込む。


ポケットソーター(ZOZOプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事