画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

都内初、ドローンで永代橋など複数の大橋を横断する医薬品配送実験へ

都内初、ドローンで永代橋など複数の大橋を横断する医薬品配送実験へ

JALとKDDI、ウェザーニューズ、Terra Drone、JR東が連携、「レベル4」解禁にらむ

日本航空(JAL)とKDDI、ウェザーニューズ、Terra Drone(テラドローン)、JR東日本は2月1日、東京都内で初めて、ドローンを使い、隅田川に架かる永代橋など複数の大橋を横断飛行して医薬品を配送する実証実験を2月8~10日に実施すると発表した。

今回の取り組みは「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」に採択されている。

政府が2022年末をめどに、ドローンが都市部上空を目視外飛行する「レベル4」を解禁する準備を進めているのを踏まえ、道路が渋滞していても緊急時・災害時にドローンで医薬品を迅速に目的地へ届けられるようにするのが狙い。

実験では人口集中地区の都内で墜落による人的被害などのリスクを最小限に抑えるため、隅田川上空を飛行ルートに選定している。メディセオの新東京ビルから学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院への配送を想定し、A地点(隅田川大橋付近)からB地点(佃大橋付近)にかけ3つの大橋を横断しながら、隅田川上空を約2.0キロメートル飛行する。

ドローンはACSL製の「PF2」を活用。配送中に医薬品を入れた容器が低温を保てるかどうかなどを確認する。


実験のイメージと飛行予定ルート(各社提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事